» 
 » 
負のオーラを作り出す原因

負のオーラを作り出してしまう原因について考えよう


人の悪口を言葉にしてしまうと…
人の悪口を言葉にしてしまうと、負のオーラが倍増して不運をまねくようになります。
負のオーラをまとっている時には、自分と他人を比べて自分が劣っていると感じた時に、妬みやひがみ、憎しみを感じてしまいがちです。
自分に対してもネガティブな感情を抱き、自信がなくなったり卑屈な精神を持ったりするようになります。
自分のネガティブ感情を吐き出すために、人に文句や愚痴をぶつけたり、悪口を言って批判したりすることとなります。
そうすると感情がマイナス思考にとどまるためにさらに負のオーラが倍増していき不運をまねいてしまうのです。
自分を否定しない
自分を否定したり、暗い言葉を使う癖を身につけたりすると、負のオーラが溜まりやすくなります。
自分ではプラス思考でいこうと思っていたとしても自分自身でコントロールができず、気が付くとマイナス思考になってしまう傾向にあります。
マイナス思考になってしまうのを少しずつ改善していく必要があります。
誰かが何を言ってもすべて否定で返していると負のオーラがどんどん体の中にたまっていきます。
自分で意識して肯定的な言葉、明るい言葉を使うように改善していきましょう。
無愛想で笑顔が少ないと…
無愛想で笑顔が少ないと、自然と負のオーラを作り出す原因になります。
負のオーラをまとっている人は感情表現があまり得意ではありません。
そのために人見知りの人が多く、周囲の人を寄せ付けない傾向にあります。
笑顔にはプラスのエネルギーがあり、負のオーラをはねつける効果もあります。
歯を見せて笑顔になることが難しいようであれば、鏡では口角を上げる練習をしましょう。
口角が上がることを意識していくと、自然と笑顔が作れるようになります。
自分自身で笑顔を作れるようになると周囲の人からの印象も変わり、負のオーラから抜け出せるようになります。
自尊心は大切
自尊心がないと、暗い雰囲気の人間になり、負のオーラを定着させてしまいます。
どうせ自分なんてと自分で自分を否定していると、マイナスエネルギーの影響で負のオーラをまといやすくなります。
自尊心を育てるには、まずは自分の好きなものを好きと言えるようにしましょう。
そして、外見も整えて、自分が喜ぶような服装や身なりをして自分自身を大切にしてあげます。
自分のことを好きになると自然と自分に自信が持てて、自尊心が芽生えてきます。
自尊損が芽生えると暗い雰囲気が明るい雰囲気へと変わり、マイナスエネルギーの影響を受けにくくなり、負のオーラを寄せ付けなくなります。
オススメのスピリチュアル占い
スピリチュアルの法則

スピリチュアルの法則

あなたにも運命の法則が隠されている…!? プロの占い師があなたを幸せへと導きます。

スピリチュアルセラピー

スピリチュアルセラピー

心のSOS見逃していませんか…?セラピーを受けて心身の状態を改善していきましょう。

♦ ♦ menu-メニュー- ♦♦ 
  • ♦ 負のオーラの意味とは

    意味について詳しく解説します。

  • ♦ 負のオーラを改善する方法

    内面や外見を徐々に整えることで、少しずつマイナスな状態から解放されていきます。

  • ♦ 負のオーラをまとう人の特徴

    ネガティブだったり、マイナスなエネルギーに取りつかれやすい人の特徴を指摘します。

  • ♦ 負のオーラは伝染する

    マイナスエネルギーから身を守る秘訣をお伝えします。

  • ♦ 負のオーラの浄化法

    心身だけでなく、身の回りの環境を整えることも大事です。

  • ♦ 負のオーラを作り出す原因

    ついついマイナスな言葉を口にしたり、ネガティブな思考に陥ったりはしていませんか?

  • ♦ 負のオーラを引き寄せない方法

    プラス思考や明るさなどの良きものは、悪しきものを寄せ付けません。

  • ♦ 負のオーラは運気に影響する

    恋愛運、仕事運、金運など、すべての運気が下がっていきます。

  • ♦ 負のオーラが漂う場所

    いかにもな場所から意外な場所まで、避けたほうがいい場所をお教えします。

  • ♦ 負のオーラをまとう男性の特徴

    無愛想、ミステリアスな雰囲気を持つなど、男性ならではの特徴を解説します。

  • ♦ 負のオーラをまとう女性の特徴

    不純、自己中心的な性格など、女性ならではの特徴を解説します。

  • ♦ 負のオーラの反対とは

    正のオーラについて詳しく知りましょう。