» 
 » 
負のオーラをまとう人の特徴

負のオーラをまといやすい人の特徴について知ろう


負のオーラをまといやすい人
負のオーラをまといやすい人は、イライラしやすく、感情的になってしまう傾向があります。
自分の感情を表現することが下手なために、自分にとって嫌なことがあるとヒステリックに怒鳴り散らすということの繰り返しです。
イライラの感情は伝染しやすいために自分だけではなく周りまで暗く嫌な雰囲気にしてしまいます。
イライラが習慣的な感情となっている人は、負のオーラをまといやすいといえます。
負のオーラは負のオーラを引き寄せてしまうために、気が付けば周りはイライラした人ばかりということにもなりかねません。
何かに対してイライラしたときは、一呼吸間をあけることで負のオーラを遠ざけていきましょう。
浄化に時間がかかる人の特徴
落ち込みやすく、すぐ立ち直れない人は、負のオーラが染み付いて浄化に時間がかかる特徴があります。
ネガティブな思考が日常的に繰り返されているために、負のオーラから抜け出せなくなってしまいます。
まずは、自分のネガティブな思考を意識的にポジティブな思考に変えていく必要があります。
ただし、負のオーラをまとっている人は、ポジティブな思考にできないことでイライラしてしまい、さらに負のオーラをまとってしまうということも考えられます。
浄化をしようと思うなら、焦りは禁物です。
少しずつポジティブな思考が習慣化するようにしていきましょう。
マイナスエネルギーに満ちている人
下を向いてばかりで、背中が丸まりやすい人は、マイナスエネルギーに満ちている可能性がります。
下を向いてしまうと体も猫背になってしまい、周りが見えずに気持ちが暗い方に向いてしまいます。
そんな姿を周囲の人から見ると暗くどんよりとした雰囲気を漂わせています。
姿は内面を映します。
少し気持ちがネガティブなときも背筋を伸ばして顔を上にあげてみましょう。
態度を変えるだけで、ネガティブな気持ちがポジティブな気持ちへと変わっていきます。
不満や愚痴ばかりを口にしていると…
不満や愚痴ばかりを口にしている人は、負のオーラを溜め込みやすく、自然と人が離れていきます。
口を開けば人の悪口や文句ばかりの人と一緒にいたいとは誰も思わないです。
気が付けば孤立していて話す相手がいなくなってしまっていたなんてことにもなりかねません。
自分の周りは自分を映す鏡ともいわれます。
自分の周りにいる人を振り返り、イライラしている人、不満ばかり口にする人が集まっていたら要注意です。
不満や愚痴が出てきそうになったら、その中で何か感謝できることを見つけていきましょう。
感謝の気持ちは負のオーラを遠ざけます。
オススメのスピリチュアル占い
スピリチュアルの法則

スピリチュアルの法則

あなたにも運命の法則が隠されている…!? プロの占い師があなたを幸せへと導きます。

スピリチュアルセラピー

スピリチュアルセラピー

心のSOS見逃していませんか…?セラピーを受けて心身の状態を改善していきましょう。

♦ ♦ menu-メニュー- ♦♦ 
  • ♦ 負のオーラの意味とは

    意味について詳しく解説します。

  • ♦ 負のオーラを改善する方法

    内面や外見を徐々に整えることで、少しずつマイナスな状態から解放されていきます。

  • ♦ 負のオーラをまとう人の特徴

    ネガティブだったり、マイナスなエネルギーに取りつかれやすい人の特徴を指摘します。

  • ♦ 負のオーラは伝染する

    マイナスエネルギーから身を守る秘訣をお伝えします。

  • ♦ 負のオーラの浄化法

    心身だけでなく、身の回りの環境を整えることも大事です。

  • ♦ 負のオーラを作り出す原因

    ついついマイナスな言葉を口にしたり、ネガティブな思考に陥ったりはしていませんか?

  • ♦ 負のオーラを引き寄せない方法

    プラス思考や明るさなどの良きものは、悪しきものを寄せ付けません。

  • ♦ 負のオーラは運気に影響する

    恋愛運、仕事運、金運など、すべての運気が下がっていきます。

  • ♦ 負のオーラが漂う場所

    いかにもな場所から意外な場所まで、避けたほうがいい場所をお教えします。

  • ♦ 負のオーラをまとう男性の特徴

    無愛想、ミステリアスな雰囲気を持つなど、男性ならではの特徴を解説します。

  • ♦ 負のオーラをまとう女性の特徴

    不純、自己中心的な性格など、女性ならではの特徴を解説します。

  • ♦ 負のオーラの反対とは

    正のオーラについて詳しく知りましょう。